2019年2月22日金曜日

暖かな2月。



今週はとても暖かく過ごしやすかったですね。
雨も降ったので晴れた日の朝は緑がキラキラしていてとても新鮮な空気でした。
 外気が暖かいせいで海は温泉のようです。(海水は冷たいです。)
春を感じ始めると生き物は少しづつ目覚め始めてきます。
休眠中のパキポディウムの新芽が出始めてきました。

こちらはエケベリアのタマウリパナ。
メキシコのタマウリパス州のCiudad Victoria近郊の峡谷に自生している原種のエケベリアで葉が凹凸していて季節で先端の葉が茶色く縮れるのが特徴です。
近年エケベリアの交配種が多く出回っていますが多すぎて私は名前が把握できていません。
原種の植物をコレクションしている方にはとてもおすすめエケベリアです。
Echeveria tamaulipana
そしてハオルチアでも季節で葉が茶色の紙のようになってしまう原種のロックウッディ。
夏はタマネギの皮のような葉の部分が多くなります。下手気に水を与えてしまうと腐りやすい気難しいハオルチアです。
増やしたらお店に出そうとは思いますがかなり当分先のこととなるでしょう。
Haworthia lockwoodii

こちらは硬葉でエッジがきいているハオルチアのスターキアナ。
どうやら和名は風車というらしいが確かにグルグル回転していてその名に相応しい。
Haworthia starkiana

こちらもハオルチア。硬葉で小型のパークシアナ。
小さいもの好きの私はとてもお気に入りのハオルチアです。地味なのかあまり一般ウケしないのですがね。(笑)
Haworthia parksiana
こちらはとても白くて綺麗なハオルチアの「森の妖精」です。
交配種でシルバーボールと白銀絵巻を掛け合わせたものです。
とびきり白くて毛羽立っていて目立つ一品です。
Haworthia  'MORINOYOUSEI'

2月も残るところあと一週間をきりました。
確定申告の提出、はてさて間に合うだろうか?苦手な分野でたまりにたまってしまった伝票に頭悩まされています。少しづつやるを心がけていたのに~頑張らなくては!


2019年1月28日月曜日

Sphalmanthus スパルマンサス 開花



メセンで塊根植物のSphalmanthusの開花です。
現在はフィロボルスに統合されているのかな。
小さいながらに塊根がしっかり太っていて赤い筋がとても綺麗なタイプです。
品種不明ですがデーターがあるのもからの実生株です。

Sphalmanthus sp.  Eenriet Northern Cape, South Africa
 秋に蒔けなかった種子。
今年になってこんなに蒔いちゃったけど成績がちょっと心配。
まだまだ蒔こうと思っていたのですが、やはり心配なので今年の秋蒔きにしよう。
秋にできるか心配だけど、、、。

フェネストラリアも開花中。この季節は冬型の花芽が楽しめて良いです。
リトープスは春を感じ始め脱皮し始めてきました。
サボテンも花芽がゾクゾク出てきましたよー。
春が楽しみです!
~お知らせ~
今週の30日水曜日はお休みとなります。
どうぞよろしくお願い致します。

Binowee


2019年1月17日木曜日

January



先日の雨が降る前の空。
最近海の道に晴れているとこの小さい虫がたくさん飛んでいる。
日輪を撮っていたのだけどこの虫がたくさん写っていたことにまったく気がつかず。
でも虫が飛んでいるなんて暖かいことだ。
 木の実も少しずつ膨らんで完熟になるのを鳥たちが待ちわびています。
 庭の地植えのエケベリア。何度か霜が降りているけれど今のところなんとか大丈夫。
 こちらは強い。何年もここにて名前も強そう。大将軍。
まだまだ寒い日はつづくけれど夕方陽が伸びているのでとてもありがたく嬉しく思います。

こちらはミトロフィルム。種蒔いてから何年経ったかな~。
一株でこんなにシンクロしていて面白いです。冬はとても活動します。
夏になると見た目がかなり変わりやる気がなくなります。
横田さんの植木鉢に植えてあげました。

Mitrophyllum clivorum 
Wildepaardehoek,

 マキシユウコさんの小さな植木鉢にコノフィツム。
 植物も着る服が変わると気分が良く見えるのは気のせいなのかな??
なんだか楽しそうだ。




2019年1月1日火曜日

2019



明けましておめでとうございます。
植物がもつ小さな凄さ、癒し、おもしろさを今年もお伝えできればと思っております。
そしてとてもシンプルに過ごしていきたいです。
本年もみなさまにとって素晴らしい一年となりますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

リトープスのおせち料理を作ってみました。
縁起物もいつくか入れ願いを込めてみました。
「OSECHI」
~ New Year dishes ~

黄鳴弦玉
弁天玉
ミックベルゲンシス
光陽玉
福来玉
紅大内玉
琥珀玉
オリーブ玉
日輪玉
アクアマリーン
麗虹玉
ラテリティア

明るく輝き福が来て太陽と雨が調和され海や虹も美しくありますように。

Binoweeは2日からの営業です!



2018年12月25日火曜日

☆☆☆



★ Merry Christmas 

冬になると咲いてくれるドュラティー。
香りといい色といい美しいです。
立派なクランプは花芽たくさんでいっぱい楽しませてくれそうです。
1つの小さな株立ちでもしっかり花芽が付いていて可愛らしい。
昼間見るのも良いけれど夜に見るとなんともエキゾティック。
Tillandsia duratii
ウンカリーナ(シャンプーの木)のクリスマスツリーにはイオナンタ。

良いクリスマスを


2018年12月17日月曜日

年末年始の営業のお知らせ



12月31日、元旦はお休みとなります。
1月2日からの営業となります。
お正月3・4日は木金曜日ですけれど営業致しております。
よろしくどうぞ!

その前に良いクリスマスをお過ごしください☆
 こちらのカラフルなwreathは平砂浦のペンションマーメイドにお嫁にいきました。ここの多肉植物達長年台風が来ても寒さが来ても元気に育っています。お泊りになられる方おりましたら是非眺めていってください。
(平砂浦の波情報はこちらのブログでチェックするとお役に立ちますよ。)



2018年12月5日水曜日

コノフィッツムのブルゲリとラツム。



大きくなったものから少しずつ販売します。といってもまだまだ小さいですよ~。
けれど、既に人気です。

コノフィッツムのブルゲリ。
光る宝石のよう。成長は遅いです。少しづつ大きくなるのが楽しみでたまらない。
上手に育てるコツは? 焦らないことです。


Conophytum burgeri
自生地

コノフィッムのラツム。
この小ささでも少し親の血が出ています。
下が少しプックリ。ブルゲリと違うところは脱皮する皮の厚さが全然違います。
和名は「桃尻娘」。形はお尻のようで親株を手にしたときは随分小さかったけれど、ここまでやっと大きくなりました。
(混乱しないように、Ophthalmophyllum maughanii ssp. latum オフタルモフィルムではありません。花はピンクの昼咲きです。)



Conophytum ratum

リトープスも勢ぞろいです。
12月師走。焦らず楽しんでいきましょう!